currentenglish

新聞英語のメモです

◆Toshiba sought ministry help to swing key vote, probe finds

Toshiba sought ministry help to swing key vote, probe finds

control, unfairly influence, prevent (shareholders) from
Toshiba Corp. tried to unfairly influence a vote by shareholders, according to a probe by several law firms. | AFP-JIJI
Jun 10, 2021

Toshiba Corp. sought (<seek) government help

〔助言や解決策を〕求める、依頼する

in an attempt to influence a key shareholder vote (Effissimo Capital Management,) that installed its slate of directors,

指名経営者

an independent probe has found

in a vindication for investor activism in Japan.

証明

The voting, which went against nominees put up by

Singapore-based Effissimo Capital Management, wasn’t fairly managed,

エフィッシモ・キャピタル・マネージメント

according to the results of an investigation by several law firms that Toshiba shared.

The Japanese electronics-to-energy conglomerate “devised a plan to effectively prevent shareholders” from exercising their rights, working with

the trade ministry to counter activist investors.

経済産業省の元参与

The firm exerted pressure on 3D Investment Partners, now its third-largest shareholder, which impacted its voting decisions, and worked to exert influence over how

Harvard University’s endowment fund

ハーバード大学基金運用ファンド

would vote.

As a result, “the AGM was not fairly managed,”

anual general meeting, 定時株主総会

the 139-page report overseen by three lawyers concluded.

The report emerged from a probe proposed by Effissimo — Toshiba’s largest shareholder — and approved in March. The standoff between

膠着状態

the secretive fund and one of the country’s most storied conglomerates has become a litmus test for Japan Inc. and corporate governance in the world’s No. 3 economy.

 

東芝株主総会「公正でなかった」 弁護士調査報告書
株主総会
2021年6月10日 15:54 (2021年6月10日 21:49更新)

東芝は2020年の定時株主総会の運営を巡って株主から調査を求められていた
東芝は10日、2020年7月の定時株主総会が公正に行われていたかを調査していた弁護士による調査報告書を公表した。この総会では、経済産業省の元参与東芝の株主に対し、議決権を行使しないよう圧力をかけたとの疑いが指摘されていた。

【関連記事】東芝調査の弁護士「東芝経産省、不当な関係性」
調査報告書は「東芝は本定時株主総会について、経産省といわば一体となり、株主提案権の行使を妨げようと画策し、議決権全てを行使しないことを選択肢に含める形で投票行動を変更させる交渉を行うよう事実上依頼した」とした。「本定時株主総会が公正に運営されたものとはいえない」と結論づけた。

東芝株を保有するエフィッシモ・キャピタル・マネージメントは20年7月の定時株主総会で自社が推薦する取締役を選任する株主提案をした。報告書によると、東芝経産省は同提案を取り下げさせようとした。東芝は株主対応について経産省側に改正外為法を活用した支援を要請し、経産省側はエフィッシモなど株主から外為法上で問題となる発言を引き出すように指示したという。

経産省の元参与によるハーバード大学基金運用ファンドへの圧力に関しては、「東芝から経産省参与への直接のやりとりは認められない」とした。ただ、東芝幹部と経産省幹部にメールのやりとりから、経産省幹部を通じて「経産省参与に対して交渉を行うことを事実上依頼した」と認定した。

弁護士による調査は3月に開かれた東芝の臨時株主総会でエフィッシモの株主提案が可決されたことで実施された。20年の定時株主総会の運営に不備があったなどとして、筆頭株主のエフィッシモなどが臨時株主総会の招集を要求した。